真乃流特報

最新の情報をご覧ください

近づいた名流祭

   10月13日(日)名流祭:浅草公会堂 
      真乃流が2曲で参加します

台風15号が東京か静岡県に上陸する気配です。瞬間最大風速が60メートル、大雨の被害も心配されています。すでに各地で避難勧告も出ています。皆様も十分な備えで被害に遭わないよう準備してくださいね。
 さて、秋の浅草風物詩になっている東京新聞主催の新舞踊の祭典「名流祭」がいよいよ近づいてまいりました。10月13日(日)に浅草公会堂で開幕しますが、真乃流では今回、2曲で参加します。
 真乃繪吏家元と門下6名による長山洋子の歌「じょんから女節」、家元独舞による「もういいの」です。「じょんから女節」は真乃流のレパートリーにありますが、今回ニューバージョンとして家元が振付しました。「もういいの」は山本譲二のヒット曲「残花」と大竹しのぶが歌う「水に流して」の2曲から構成したものです。大竹しのぶの「水に流して」は彼女が演劇賞を総なめにした舞台「ピアフ」で歌われたエディット・ピアフのシャンソンです。
 猛烈な残暑の中で稽古が進んでいます。すでに衣裳や照明、かつらなどの打ち合わせが終わり、来月2日(水)には会場の浅草公会堂舞台でリハーサルが行われるという日程なので、真乃繪吏家元以下は稽古に懸命に取り組んでいます。浅草公会堂正面にある真乃流浅草教室で先月下旬に行われた総合稽古の一端を写真でご紹介しました。


s-◎IMG_4219
     「じょんから女節」稽古風景。左から3人目が真乃繪吏家元


s-◎IMG_4239
s-◎IMG_4251
       「もういいの」を踊る真乃繪吏家元=真乃流浅草教室で

創作新舞踊協会「百華競演 舞踊の会」が閉幕

令和初の「百華競演 舞踊の会」が賑やかに
  真乃繪吏家元がオオトリで『まだかいな~大和楽「梅」「舟」』を披露


 令和新時代に入りました。そして令和初となる創作新舞踊協会主催「第29回 百華競演 舞踊の会」が元年5月26日(日)に浅草公会堂で開かれました。真乃流からは既報のとおり真乃繪吏家元以下、北陸支部(金沢)のお弟子さんも含めて9曲で参加、それぞれに日ごろの精進ぶりを披露しました。昨年まで同公演は9月に開かれていましたが、令和時代を迎えて春の5月開催に変更され、お弟子さんたちも稽古期間が短くなったのでいろいろと大変だったようです。
 
 真乃繪吏家元は序開きの祝儀舞に続く第1部1番というしょっぱなに「道中伊勢参り」を真乃・吏邦・吏勢旬・吏勢櫻・吏容とともに踊り、オオトリで披露した「まだかいな」と、最初と最後にも出演という厳しいスケジュールでしたが、お陰様で皆さんの好評で迎えられました。

 家元の「まだかいな」は新舞踊公演では珍しい大和楽から”ひともじ舞踊”として知られる「梅」「舟」をそれぞれ女、早替わりの男で踊りました。「梅は咲いたが桜はまだかいな…」と桜の開花を待つ気持ちを、恋しい男を待つ心浮かれる女の心情に移し替え、そして待ちかねた粋な姿の男が現れるという構成ですが、それを早替わりで2役を踊りつづるという趣向でした。
 大和楽というのは昭和8年に創設された「昭和の邦楽」で、「平成」を送り、令和を迎えた新時代の思いを寄せて昭和生まれの真乃流が「昭和」に思いを寄せる意味を付加して選曲したものです。
 
 大和楽は大倉財閥の二代目総帥で、英国のケンブリッジ大学にも学び、ホテルオークラや伊豆の川奈ホテルを創設した男爵・大蔵喜七郎が一中節や清元など従来の邦楽に西洋音楽の発声や輪唱を採り入れた「新しい日本音楽」として創設、発展に尽くしました。作詞には西条八十や長谷川時雨、北原白秋といった当時の文壇・歌壇の大御所たちも協力、大倉男爵自身も大和聴松の名前で作曲・演奏に活躍しています。たちまち舞踊会の人気曲になり、古典舞踊の公演に数多く選ばれています。

 真乃流一門の踊り姿の一端を写真でご紹介させていただきました。オフィシャルのプロ写真家の写真の仕上がりがかなり遅れますので、とりあえずは雰囲気だけをご覧ください。  



         会場の浅草公会堂正面と客席風景(下段)

s-IMG_3867.jpg


          『まだかいな~大和楽「梅」「舟」』真乃繪吏家元
s-9A「まだかいな」娘
s-9B「まだかいな」立役
 家元がオオトリに披露した『まだかいな』。(上段)桜ならぬ恋しい男を待つ女、(下段)待ちかねた男がやってきた


      「道中伊勢参り」
s-1A「道中伊勢参り」左端から家元・真乃吏容・真乃吏勢旬・真乃吏邦・真乃吏勢櫻
  「道中伊勢参り」の左から家元・真乃吏容・真乃吏勢旬・真乃吏勢櫻・真乃吏邦

s-1B「道中伊勢参り」左から真乃吏勢旬・家元・真乃吏容
  「道中伊勢参り」左から真乃吏勢旬・家元・真乃吏邦

  

 <「江戸の四季」真乃吏翠>
s-2「江戸の四季」真乃吏翠

  <「祇園のおんな」西野栄子(北陸支部)>
s-3「祇園のおんな」西野栄子(北陸支部)

   <「白雲の城」真乃吏菖(北陸支部)>
s-4「白雲の城」真乃吏菖(北陸支部)

  <「金沢の雨」真乃吏空(左)・真乃吏恵>
s-5「金沢の雨」真乃吏空(左)・真乃吏恵

   <「男の火祭り」真乃吏聡(左)・真乃吏茜>s-6「男の火祭り」真乃吏聡(左)・真乃吏茜

   <「友禅模様~びんのほつれ」真乃吏邦(左)・真乃吏容>
s-7「友禅模様」真乃吏邦(左)・真乃吏容

  <「歌麿」真乃吏聡(左)・真乃吏晴>
s-8「歌麿」真乃吏聡(左)・真乃吏茜


 <終演後、真乃繪吏家元を囲む出演者たち>
s-終演後、出演者たちが真乃繪吏家元を囲んで

盛会だった国分寺民舞連盟春季大会

   国分寺民舞連盟春季大会写真リポート


 先にご報告しました真乃流の地元で開かれた国分寺民舞連盟春季大会(4月28日・国分寺市本多公民館ホール)の写真が出来上がりました。会場は撮影位置が難しかったのですが、素踊りの会らしい雰囲気はお伝えできるかと思います。とりあえずの写真リポートを。

<国分寺市民舞連盟春季大会より>
s-「道中伊勢参り」
 真乃繪吏家元(中央)を中心に真乃吏邦・真乃吏勢旬・真乃吏勢櫻・真乃吏容らによる「道中伊勢参り」

s-道中伊勢参り・家元
 「道中伊勢参り」を粋に軽やかに踊る真乃繪吏家元


s-改_1317
 「金沢の雨」を披露する真乃吏恵(左)・真乃吏空(右)

s-改_1364
 真乃吏聡(左)、真乃吏茜(右)による「男の火祭り」
s-改_1395
 真乃繪吏家元がトリで舞い踊った「男の母港」

s-改_1422
  「お疲れさま!」 無事・好評裏に大会を終えてお手伝いの門下も加わってにこやかに記念撮影

国分寺市文化団体連絡協議会「文化連協まつり」

   好評いただいた国分寺市民舞連盟春季大会

 長かったゴールデンウイーク大連休が終わりました。5月1日から御代代わりして「令和元年」を迎えました。大連休はいかがお過ごしでしたか? 海外へ旅立ち、帰国する空港、新幹線、高速道路のいずこも大変なラッシュでしたね。
 その大連休の始まったばかり、まだ平成時代の4月28日(日)に真乃流の本拠地、国分寺市民舞連盟春季大会(文化連協まつり、国分寺市文化団体連絡協議会の主催、国分寺市民舞連盟主管)が本多公民館ホールで開かれました。すでにお知らせしたとおり、真乃流は真乃繪吏家元以下門下生たちが4曲で出演、お陰様で各舞踊とも「さすがは真乃流さん」と好評を頂けました。とりわけ家元が踊った5人群舞の「道中伊勢参り」、さら家元がトリをつとめた「男の母港」が大変な評判になり、踊り終えて舞台袖に出た真乃繪吏家元が他会派の多数の皆さんに囲まれて数々のお褒めの言葉を頂戴しました。終演後は出演者やお手伝いの門下生たちの恒例(?)打ち上げは酒豪ぞろいのお弟子ばかりとあって大いに盛り上がりました。とにかく皆さんお酒が美味しかったようでした。
 もう今月26日(日)には令和初の創作新舞踊協会(旧東芝EMI舞踊協会)の第29回「百華競演 舞踊の会」が浅草公会堂で開かれます。真乃流は9曲を披露しますが、連休疲れもそっちのけで7日から早速稽古に入りました。曲数が多いので、指導する家元の大変さも格別です。まもなく神田祭、続いて三社祭と東京はお祭りシーズンに入ります。若葉の美しい東京で江戸の香り豊かな伝統の祭事が華やかに繰り広げられます。そんな華やいだ雰囲気の中で舞踊シーズンの開幕です。

令和新時代へ

    昭和から平成、令和へ
  昭和生まれに誇りを持ちつつ、真乃流も「令和」新時代に

 4月30日、今上天皇がご退位され、5月1日から「令和」の新時代に入りました。
今上陛下は宝算(おん年)85歳で、ご退位されました。新しい御代を迎えるにあたって
カウントダウンなどにぎやかな御代代わりでしたね。

 振り返ってみると昭和天皇の場合は、「ご重態」「下血」など国民が憂いながら見守る中、1989(昭和64)年1月7日に87歳でご逝去され、世上は「音曲停止」など国民あげての静かな御代代わりでした。今回の場合とはまったく違った御代代わりでしたね。
 テレビ各局や新聞は「平成」を送る様々な回顧を展開、「令和」のスタートを華やかに彩る、ほとんどお祭り騒ぎ。でも、私たちは「昭和」という時代を決して忘れてはならないと思います。広島・長崎への原爆投下による敗戦、そして苦難の時代から平和な時代へと移り変わったのが「昭和」でした。

 真乃流は「昭和」の時代に産声をあげ、「平成」を経て、「令和」新時代と三つの時代を経験することになります。昭和53年1月の創流で、昭和時代を11年間、平成時代を31年間にわたり活動を続けてきました。真乃繪吏家元は「昭和生まれの流派」であることを誇りに思い、なおかつ「歌は世につれ、世は歌につれ」の言葉ではありませんが、新舞踊・創作新舞踊も時代に寄り添って変わっていくことで、「令和新時代にふさわしい踊り」創作にあらたな意欲を燃やしています。どうぞ温かいご支援・ご高配をいただけますよう心から願っています。

Top|Next »

HOME

manoryu

Author:manoryu
真乃流HPへ

未分類 (125)

この人とブロともになる

QRコード