真乃流特報

最新の情報をご覧ください

創作新舞踊協会

    三度延期!創作新舞踊協会公演


 真乃流の真乃繪吏家元が常任顧問(前副理事長)をつとめる創作新舞踊協会(旧東芝EMI舞踊協会)が12月6日(日)に浅草公会堂で開催を予定していた第30回「百華競演 舞踊の会」が再び延期になりました。当初は5月24日に予定していたのが、9月19日へ延期、さらに12月6日に延期となり、この12月開催もついに延期(開催時期未定)になってしまいました。やはりコロナ感染への危惧から出演流派、出演曲数が大幅に少なくなり、観客対策等も勘案されての決定です。

 真乃流は真乃繪吏家元の「船で帰るあなた」をはじめ門下による「古城」(真乃吏翠)、「のらにゃん風太郎」(真乃吏邦・吏容)、「春夏秋冬屋形船」(真乃吏茜)、「辰巳そだち」(真乃吏聡)、「庄内平野風の中」(真乃吏邦)、「関東春雨傘」(真乃吏聡・吏茜)の7曲で参加を予定していました。家元は「お弟子さんたちは昨年から、また年初から公演を目指してお稽古を頑張ってきたのですが、二度、三度と延び延びになって皆さんガッカリしています。こういうご時世なのでやむを得ない事ですが、残念な思いが強いですね」と話しています。
 真乃流では創作新舞踊協会の前身、東芝舞踊協会「おどり東芝秋の祭典」に昭和56年(1981年)から38年間、毎年欠かさずに出演してきました。お弟子さんたちにとっても新舞踊の殿堂・浅草公会堂で踊るのを毎年楽しみに早くからお稽古を続けていたのですが、2020年は多くの門下がその機会を得られず、皆さん残念がっています。

 本来なら秋の芸術シーズンは創作新舞踊協会公演(浅草公会堂)、地元での国分寺民舞連盟秋季大会、さらに東京新聞主催の名流祭(浅草公会堂)、三多摩総合舞踊発表会と続くのですが、今年は10月14日の名流祭に真乃繪吏家元の「かもめの街」をはじめ門下合わせて3曲を披露するにとどまりました。
 コロナ第一波、緊急事態宣言が発令された時期には真乃流もお稽古を中断していましたが、宣言解消後、「三密」への対応、稽古所への出入りに手指消毒や人手の触れる場所のアルコール殺菌消毒、稽古場の空気殺菌などの対策を行って稽古を再開、現在もそれは続けられています。お弟子さんたちの踊りへの情熱は少しも衰えず、家元も「本当に踊り好きな人たちが集まっていて心強い思いがしています」と語っていますが、不思議なことに(?)こういうコロナのご時世にもかかわらず、最近、新しく真乃流の門を叩く人たちが相次ぎ、家元が驚きと喜びで仲間として迎え入れています。

 コロナ禍で中断していた演劇や舞踊、音楽ライブ、プロ野球などが9月から再開され、10月には劇場によっては客席の半数閉鎖からフルシートで公演を実施するところも出ています。一方では欧米の感染者激増で2021年夏に延期された東京オリンピック・パラリンピック開催への危惧も世上でささやかれる事態になっています。2020年はオリンピック延期に象徴される世界的なコロナ禍で歳月が流れるように過ぎ去り、真乃流も相次ぐ公演延期(中止)で、お弟子さんたちが日頃の成果を披露できるのは来年1月の「初舞の集い」までなくなりました。

 2020年も余すところ2ケ月!もう年賀状の発売が始まっています。コロナの治療薬、ワクチン開発も急速に進んでいます。感染には十分な注意を払い、皆様が楽しい年末を迎えられるよう心から願っています。


名流祭開く

   秋の浅草名物「名流祭」
       真乃繪吏家元が「かもめの街」披露


 10月14日(水)、新舞踊の殿堂・浅草公会堂で東京新聞主催「名流祭」が開かれました。コロナ禍の中での開催でもあり、果たしてどれだけのお客様に来ていただけるか不安もありましたが、開場前から行列が出来るほど予想を上回る新舞踊ファンに伝統の名流祭舞踊を楽しんでいただけたようでした。同公会堂は客席数1080席ですが、客席の前後左右を空ける市松模様の客席構成になっていて、収容人員は約500人という制約の中での開催でしたが、ほとんどのお客様に終演まで見ていただけました。

 真乃流は真乃繪吏家元が「かもめの街」を踊り、門下による「牡丹獅子」「会津そだち」の2曲ともに盛んな拍手に迎えられました。家元は「コロナに加えて、平日の開催という厳しい環境・条件の中で、これだけ多くのお客様にご覧いただけ、本当に嬉しかった。その感謝の気持ちを精一杯込めて踊らせていただきました」と話していました。



s-2020名流祭「牡丹獅子」利用(左)・吏邦B
    真乃吏邦(右)・吏容による「牡丹獅子」

s-2020名流祭「会津そだち」吏聡(前)・吏茜
    真乃吏聡(左)・吏茜が披露した「会津そだち」



       真乃繪吏家元の「かもめの街」4景s-2020名流祭「かもめの街」真乃繪吏家元A

s-2020名流祭「かもめの街」真乃繪吏家元F

s-2020名流祭「かもめの街」真乃繪吏家元D

s-2020名流祭「かもめの街」真乃繪吏家元G


   賑わいを取り戻しつつある浅草寺風景=10月14日正午ごろ撮影
s-202010月14日:浅草寺のにぎわい

名流祭

    いざ名流祭開幕へ
        10月14日(水):淺草公会堂
    真乃流は家元の「かもめの街」、門下が「牡丹獅子」「会津そだち」の3曲を披露

名流祭チラシ
     

 浅草の秋を彩る新舞踊の祭典、東京新聞主催「名流祭」が10月14日(水)午後1時30分(12時30分開場)から浅草公会堂で始まります(終演予定午後4時30分)。真乃流は真乃繪吏家元をはじめ門下たちも参加、3曲を披露します。

 新型コロナウイルスの猛威で新舞踊の公演も大きな大会は軒並み中止に追い込まれ、名流祭も開催が危ぶまれましたが、長い伝統の灯を守ろうと開催が決まったものです。芸能界はコロナ感染への危惧と緊急事態宣言などにより、歌舞伎座は3月から7月までの5カ月間、公演が行われませんでした。5月から3カ月間、予定されていた13代目市川團十郎襲名披露も大幅な延期になっています。

 真乃家元が常任顧問(前副理事長)をつとめる創作新舞踊協会(旧東芝EMI舞踊協会)の公演も当初の浅草公会堂での5月開催が9月に延期、さらに12月6日(日)へと再延期を余儀なくされました。国劇・歌舞伎の殿堂ともいうべき歌舞伎座は8月から4部制で公演を再開、演劇、舞踊、能楽も観客のマスク着用、体温測定など感染予防対策をしっかり取りながら各公演が再開されています。

 東京新聞主催の「名流祭」には真乃流は1996年(平成8年)の第4回公演から一度も欠かすことなく、家元が出演し続けてきました。北陸・金沢で開かれた3度の「北陸名流祭」(北陸中日新聞主催)にも家元・門下が出演してきました。そういった長いご縁で今回も出演を決めたのですが、やはりご時世というのか、今回の「名流祭」はコロナへの不安が先立ち、出演流派はわずか12流派(17曲)と例年の4分の1くらいになっています。加えて例年の日曜日開催と異なって平日(水曜日)開催というのも出演流派激減の原因でしょうか。

 真乃繪吏家元も参加の可否を随分考えたそうですが、「文化芸術は国民の心の糧、なくてはならないものだと思っています。自粛、自粛でコロナうつも聞かれますが、国の規制がほぼなくなった時でもあり、逆にこういうご時世だけに、楽しい踊りを通して、皆さんに元気を取り戻していただきましょう」と参加を決め、家元以外にも、門下と図って門下から2曲出演になりました。

 真乃流の出演は3番目に石垣まさひろ「牡丹獅子」(曲:本條秀太郎)に師範・真乃吏邦、名取指導員・真乃吏容が連れ舞い、6番目が大塚文雄「会津そだち」(作詞:山北由希夫、作曲:弦哲也)を幹部長・師範の真乃吏聡、幹部・師範の真乃吏茜が踊ります。

 真乃繪吏家元は後ろから3曲目、15番でちあきなおみ「かもめの街」(作詞:ちあき哲也、作曲:杉本眞人)を新振付で披露します。夜明けの波止場にほろ酔い加減で訪れた女性が、風に吹かれて舞うかもめの姿に「お前も私も一生波の上だね」自らの境遇をかもめに託して舞います。家元は公演日(14日)の前々日から2日間、浅草のホテルに泊まり、浅草公会堂正面にある真乃流浅草稽古所で連日踊り込んで当日を迎えます。

 いま淺草は自粛解除、「GO TO」キャンペーンもあって週末や日曜日にはようやく仲見世が歩きづらいくらい観光客の人出が戻り始めています。 「真乃流は”心の躍る踊り”を流儀のテーマにしています。浅草公会堂へいらっしゃるお客様は恐らく少ないでしょうが、ふだん以上に心を込めて踊らせていただきます。お出かけ頂ければ幸いに存じます」と話しています。

コロナ禍

創作新舞踊協会公演が再延期に 9月19日➡12月6日(日) 
   10月14日(水)の東京新聞「名流祭」に真乃流が出演

 新型コロナ感染が第二波に入り、相変わらず猛威をふるっています。加えて猛暑です。全国で唯一の感染者ゼロだった岩手県にも感染者が出たという報道に少なからず衝撃を受けました。とはいえ、例えば千葉県の市町村で、5つの町村が感染者ゼロを続けています。このままゼロ更新を続けていってほしいと強く願っています。

 8月30日、31日にようやく2日連続で百人台に減少しましたが、このままずっと減少傾向が続くことを願ってやみません。皆様もアト・ホームや自粛で大変な日々を過ごされていらっしゃるのでしょうね。コロナうつやコロナ引きこもりにならない、1つの方法は適度に体を動かし、心身のリラックスを心掛けることだと言います。コロナにかかわらず、日常生活で適度の運動は健康に欠かせない要素です。真乃流ではすでにお稽古を開始していますが、お弟子さんたちがお稽古に真剣に取り組むことで、こういうご時世ならではの心身のリラックスが得られると話しています。

 ご報告が遅れましたが、真乃流が加盟、真乃繪吏家元が常任顧問を勤める創作新舞踊協会公演が再延期され12月6日(日)に同じ浅草公会堂を会場に開催されることになりました。当初は5月24日の開催でしたが、コロナ禍で9月19日に延び、さらに今回、12月6日(日)に開催されることになりました。

 8月に入って歌舞伎座や明治座などの大劇場、公会堂やホールで公演が再開されていますが、「3密」を避けるために、客席の収容人数を40~45パーセントに減らしての公演になっています。12月6日の淺草公会堂における創作新舞踊協会公演も、おそらく客席半減の状態で開かれることになるでしょうが、それも新型コロナの終息状況次第でしょう。

 真乃流の関係では4月開催予定だった地元の国分寺民舞連盟の春季公演が中止になっています。例年は4月に春季、10月に秋季大会が行われていますが、秋季大会がどうなるのかまだ未定のようです。そういう中で、真乃流が今年初の舞台出演になるのが10月14日(水)に淺草公会堂で開かれる東京新聞主催の「名流祭」。家元は平成8年(1996年)から連続で出演していますが、今回は踊る機会がなく、腕がむずむずしていたお弟子さんたちも出演することになりました。真乃流のことし初の踊り披露です。名流祭は基本的には家元出演、あるいは流儀を代表する高弟に出演がかぎられている全国唯一の「家元大会」だけに、家元をはじめ出演のお弟子さんが猛暑の中、稽古に励んでいます。 

負けるなコロナ

  お稽古再開!  
     殺菌、除菌でも油断大敵

 連日猛暑が続いています。コロナの緊急事態宣言が解除されましたが、東京は夜の街などで感染者が相変わらず出て、まだまだ安心はできません。6月6日の浅草雷門の人出は5月に比べると随分賑わいを取り戻しつつあるようでしたが、中心的な外国人観光客はほとんど皆無。以前の賑わいとは程遠い状態です。真乃流の浅草稽古所のある浅草公会堂周辺もやはり人出が少なく寂しい限りです。猛暑とコロナ、この先いつまで悩まされるのでしょうか?
 
 そんな中でも日常生活が徐々に取り戻されつつあります。真乃流もお稽古を再開しました! 長い長いトンネルでしたが、お弟子さんたちもステイ・ホーム、自粛、自粛に疲れ果て、好きな踊りが再開できると喜んでいます。ただ、家元は大変です。お稽古に先だって、玄関やドアの取っ手、手に触れる物すべての殺菌と消毒。手の消毒用アルコールはもとより、稽古場の空間殺菌まで、徹底した消毒を行ってからのお稽古開始です。

 真乃流HPの改定、更新が終わりました。すでに「家元真乃繪吏36景」が新登場、お陰様でずいぶんたくさんの「いいね!」を頂いています。嬉しいことです。第2弾として、「アルバム」項目の写真を大幅に追加、この1年間の真乃流の活動をご覧いただければ幸いです。


s-2020年6月6日:雷門前A
 6月6日の浅草雷門前の人出。まだ寂しいけれど、賑わいが少し戻っています

Top|Next »

HOME

manoryu

Author:manoryu
真乃流HPへ

未分類 (142)

この人とブロともになる

QRコード