真乃流特報

最新の情報をご覧ください

創作新日本舞踊・真乃流

  令和6年 真乃流初稽古 浅草稽古所からスタート
     浅草寺境内の被官稲荷さまに恒例の初詣も

 元日に起きた能登大地震の被害状況が連日連夜、テレビや新聞で報じられています。電気やガス、水道の復旧が遅れ、被災者の方々が寒空の中でご苦労されているのを拝見して本当に心が痛みます。以前訪れたことのある輪島名物の朝市のあった界隈が本当に壊滅してしまった様子を見て、地震の恐ろしさを痛感させられます。1日、半日でも早い復旧を心から願っています。

 真乃流は1月6日(土)の浅草稽古所の初稽古で新年がスタートしました。稽古所の正面にある浅草公会堂では恒例の浅草歌舞伎がにぎやかに開かれ、たくさんの幟が風にはためいています。

 初稽古の後、真乃繪吏家元は恒例の被官稲荷さまにお参りしました。人出で溢れる浅草寺雷門や境内、本堂の右手の三社さまも長い行列ができています。被官さまは、その三社さまの本堂奥にひっそりとしたたたずまいを見せています。家元が被官さまに着いた時、参拝者は誰もいなくて、しばらくたってから数人の小行列ができました。

 被官さまは徳川15代将軍慶喜の時代に、江戸の町火消しで名の知れた大侠客の新門辰五郎が夫人の病気回復を願って京都・伏見稲荷に参拝、その功あって回復したお礼に伏見稲荷から祭神御分身を勧請して創建したという歴史があります。五穀豊穣や立身出世にご利益があるそうですが、芸能上達にもご神徳が得られるというので、歌舞伎や芸能人の参拝が少なくないお稲荷様です。歌舞伎の3代目中村歌六と息子の中村米吉(後の17代目中村勘三郎)、歌六長男の初代中村吉右衛門と次男・中村時蔵が奉納した狛狐(コマキツネ)の一対が仲良く鎮座しています。現在も勘三郎家(勘太郎・七之助)、人間国宝・中村歌六らの篤い信仰がみられるようです。17代勘三郎長女の波乃久里子さんは公演前には必ず舞台台本を持参して公演の成功を祈願しているそうです。

 真乃繪吏家元も大きな公演前後や新年には必ず被官さま参拝に訪れています。今回はいつもの祈願のほか、能登大地震の被災者の皆さんの健康、早い復旧を祈っていました。

家元2ブログ用公会堂前ブログ用
被官さまに初詣した真乃繪吏家元      浅草稽古所から見える賑やかな浅草歌舞伎

雷門前の賑わいブログ用浅草寺の境内ブログ用
人出であふれる浅草寺雷門前、境内

被官さまブログ用
  人出の少ない被官稲荷さま


創作新日本舞踊・真乃流

  新年おめでとうございます!
   令和6年、本年も宜しくお願い致します
     能登地震で被害に遭われた方たちに心からお見舞い申し上げます
                        令和6年元旦 創作新日本舞踊 真乃流家元・真乃繪吏

 明けましておめでとうございます。令和6年、2024年はどんな年になるのでしょうかと、元旦のすっきり晴れ渡った青空に今年は良い年になってくれそうかなと安堵の思いでいましたら、夕方になって震度7、マグネチュード7.6という「令和6年能登地震」。

 スマホに届いた気象庁の緊急地震速報に驚き、テレビをつけるとテレビ東京を除く全チャンネルで「つなみ! にげて!」と大津波警報や津波到達時間が報じられ、夜に入ってから被害情報が次々に入ってくるという大変なことになりました。2011年の東日本大震災の震度7,マグネチュード7.9に次ぐ大地震だったようで、夜遅くに次々と報じられるテレビでは家屋や道路の被害、元旦をお祝いした後で里帰りに北陸地方へ向かった方たちが車内に閉じ込められた状態とか。

 真乃流金沢支部のお弟子さんに急いで電話連絡すると「本当に大揺れで怖くて怖くて…。大きな地震が何回も連続するので生きた心地がしません」とおびえています。無理もありませんね。
 元日の穏やかな気持ちはたちどころに消え、ただただ、被害、被災者が少しでも少ないようにと祈るばかりです。
 
 真乃流は6日(土)の浅草稽古所から初稽古がスタートします。新しい年に、新鮮な気持ちで初稽古を迎えたい、その思いは変わりませんが、衷心から能登地震の被害が少ないよう願いつつ、本年も真乃流への温かいご支援を賜りますようお願い申し上げます。
 

創作新日本舞踊・真乃流

  merry Chritmas‼
   御礼と感謝を   創作新日本舞踊・真乃流家元 真乃繪吏

 ケーキ屋さんの店頭に行列ができていました。やはりクリスマスイヴとなればケーキなんですね。令和5年も残すところあと1週間となりました。寒波が一段と厳しくなり、インフルエンザが猛威を振るっているようです。皆様、ご健勝でいらっしゃいますか?
 お陰様で真乃流は12月16日(土)に浅草稽古所、19日(火)には国分寺本部において無事に舞い納めることができました。これも様々な困難の中、真摯にお稽古に励んで下さったお弟子さんたち、そして真乃流の活動、各種公演に温かいご支援ご協力を頂きました皆様に、心からの御礼と感謝を申し上げます。

 真乃流の令和5年は1月7日(土)、10日(火)にそれぞれ浅草稽古所、国分寺本部での稽古始めでスタート。3月11日(土)に浅草稽古所・雷門ゲートホテルでささやかな「早春の舞の集い」を開き、舞台出演では4月16日(日)に地元国分寺民舞連盟「春季大会」(本多公民館ホール)、5月28日(日)は私が常任顧問を務めさせていただいている創作新舞踊協会公演(浅草公会堂)、10月は14日(土)に東京新聞主催「名流祭」(浅草公会堂)、その翌日、15日(日)が国分寺民舞連盟「秋季大会」(いずみホール)。11月も26日(日)に三多摩総合舞踊発表会(福生市民会館)。
 同会への出演はコロナ禍での中断はありましたが、2014年12月(たましんRIZUMU大ホール)以来、実に9年ぶりの参加になりました。それぞれの思い出はたくさんありますが、何よりもお弟子さん体が頑張ってくれ、どの会場でも「やはり真乃流さんはレベルが高い。素晴らしかったです」といった評価を頂け、本当に嬉しく思いました。

 私が踊らせていただいたのは、素踊りで「奉寿の舞」「群青の弦」(早春の舞の集い)、やはり素踊りで「アレ? アレ? アレ?」「群青の弦」(国分寺市立本多公民館ホール)、本衣裳をつけての創作新舞踊協会公演に「大和楽~オーケストラシンフォニー『奉寿の舞』」「群青の弦」(浅草公会堂)、各流家元競演の場となっている東京新聞「名流祭」に「Ale Ale Ale」(浅草公会堂)、さらに素踊りでの「風雪ながれ旅」、5人立ちの群舞「ハナミズキ」(国分寺市立いずみホール)、7人立ちの「龍翔鳳舞」(福生市民会館)とさまざまな会場で踊り継ぎました。

「アレアレ」東京新聞ブログミニサイズそんな中でも一番思い出深いのは名流祭での「Ale Ale Ale」でしょうか?ご承知のようにいま高齢化社会に入っている日本で大きな問題となっている物忘れ、認知症をテーマにした森山良子さんのヒット曲ですが、私の踊りが何と!!東京新聞の(芸能面でなく)朝刊社会面に取り上げられるという大変なことになり、その反響は私の想像をはるかに超えたのでした。曲はタンゴ調のアップテンポのコミカルな曲調で、この歌に接したとき私は「この歌は新舞踊でなければ表現できない、まさに時代とともに歩む新舞踊を象徴するような曲だ」と痛感して振付に取り掛かったのです。正直、苦労致しました。でもそんな苦労も私の意図が東京新聞をはじめ皆さんに大きな関心と話題で受け止めていただけました。真乃流のモットーは「踊る人 見る人ともに心の躍る踊り」としていますが、私自身が「心の躍る思い」がいたしました。本当にありがたく、嬉しゅうございました。



 2023年は芸能界にとって激動の年になりました。「JKT事件」といわれるジャニーズ事務所、歌舞伎・市川猿之助丈、宝塚歌劇団の女優転落死(セクハラ自殺?)、それぞれに今後へ糸を引いてくるのでしょうが、新しい年、2024年、令和6年が真乃流、お弟子さんたち、ご支援くださっている皆様にとり幸多い年になることを念願いたしております。
 真乃流の令和6年は3月にささやかな「翔春の集い(仮タイトル)」、4月28日(日)の国分寺民舞連盟「春季大会」(本多公民館ホール)から始動いたします。

 最後になりましたが、改めて厳しいお稽古にめげず頑張ってくれたお弟子さんたち、いろいろとお世話を賜った方たち、そしてこのブログをご覧いただいている皆様に、深い感謝と御礼を申し上げ、新年をご健勝でお迎えなさいますよう祈り上げます。ありがとうございました。どうぞ来年も真乃流をよろしくお願い申し上げます。

創作新日本舞踊・真乃流

 国立駅前通りの恒例クリスマス・イルミネ-ション
   10メートル強のイチョウ大樹にレインボー大ツリー10基

 JR中央線国立駅前の一橋大学通りに12月3日から恒例の巨大なクリスマスツリーがお目見えしました。赤いとんがり屋根の駅舎前から一橋大学まで通りの両側にそれぞれ5基のカラフルな電飾イルミネーション、馬車やトナカイのオブジェが美しい光を放ち、鑑賞に散策する人たちが絶えません。ツリーの電球は合計で9万3千球も使われています。
 点灯時間は午後5時から午後11時59分までと長く、24日のクリスマスイブ、31日の大晦日は終夜点灯されます。期間は令和6年1月1日早朝まで。春の桜並木とともに、すっかり多摩地区の名物になっています。

国立ツリー2023@ブログ用

創作新日本舞踊・真乃流

  2023年真乃流ラストステージ
      三多摩総合舞踊発表会 11月26日:福生市民会館

 いよいよ2023年も残り少なくなってきました。皆様、何かとご多忙のことと存じます、今年の芸能界は「JKT」(ジャニーズ事務所、歌舞伎・市川猿之助、宝塚歌劇)の事件で大揺れに揺れました。これほど芸能界が世間の注目を浴びたのはほとんど前例がありません。

 さて11月26日、福生市民会館で「三多摩総合舞踊発表会」が開かれ、真乃流も真乃繪吏家元以下7人のメンバーが「龍翔鳳舞」を披露しました。同公演は三多摩の15市町から42団体が出演、それぞれ日ごろの成果を発表しました。なかには福生市からは横田基地に縁のつながる外国人による「三味線ブギウギ」も登場、会場を沸かせていました。
 真乃流「龍翔鳳舞」は昨年8月28日、浅草公会堂で開催した「真乃流創流45年記念『真乃会』」公演の幕開きに披露、大変な評判をとった作品ですが、今回は出演者の一部変更、真乃繪吏家元の新振付でのご披露です。お陰様で今回も大きな拍手を頂き、出演者一同を感動させました。

 真乃流の2023年スケジュールはこれですべて無事に終わりを迎えることが出来ました。真乃繪吏家元は「1年を振り返ると、やはり真乃流にとっても大変な1年でした。何とか大過なく無事に終えられたことをお弟子さんやご支援いただいた皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。来年は明るく楽しい年になるよう心から願っています」と話しています。同公演の後、立川市でささやかに「忘年・望年会」を開き、それぞれ反省や思い出を語り合いました。

 2024年(令和6年)は4月の国分寺民舞連盟「春季大会」(本多公民館ホール)に始まり、家元が常任顧問を務める「創作新舞踊協会」公演、10月には東京新聞「名流祭」、「国分寺民舞連盟「秋季大会」などに出演する予定です。

 本年も皆様の温かいご支援・激励を頂戴いたしました。本当に嬉しくありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願いいたします。そして皆々様にとって2024年が輝かしい希望の年になりますよう心から願っております。ありがとうございました。

 〈三多摩総合舞踊発表会「龍翔鳳舞」の舞台から〉
2023年11月6日:福生市民会館〇1ブログ用CIMG1102〇2ブログ用
CIMG1110〇3ブログ用CIMG1114〇4ブログ用

Top|Next »

HOME

manoryu

Author:manoryu
真乃流HPへ

未分類 (192)

この人とブロともになる

QRコード