真乃流特報

最新の情報をご覧ください

春本番

  桜の満開とともに舞踊シーズン到来
    4月28日(日)に”平成最後”の国分寺民舞連盟春季大会

 蕾が膨らみ始めたと思ったら、あっという間に桜が満開。見事な花盛りです。真乃流本部のある国分寺市戸倉から歩いて15分くらい、JR中央線国立駅から一橋大学のある「大学通り」は桜の名所でも知られていますが、道路の両側が数百本の桜で彩られ、本当に素晴らしい景観を見せてくれています。
 
 花の下では連日、お花見宴会が繰り広げられ、露店も出て賑わいを見せています。この花盛りもあと1週間もすれば落花繚乱、風に吹きあげられた桜がヒラヒラと舞い散り、これも素晴らしい眺めになります。毎年のことながら大学通りの満開の桜は本当に心を癒してくれます。

 そんな花盛りの中、真乃流が出演する恒例の「国分寺民舞連盟春季大会」が4月28日(日)午前11時から本多公民館ホールで開かれるため、真乃繪吏家元をはじめ出演する門下生たちはお稽古に汗を流しています。3日後には昭和天皇がご退位され新しい天皇のもとで「令和」時代がスタートします。
 
 この公演が文字通り”平成最後”の舞踊公演になるのです。平成時代に名残を惜しみながら、令和新時代を祝うイベントになります。国分寺で活動する12の流派・会派が参加していますが、真乃流は家元以下が4曲を披露します。今回は家元が2曲も踊るという珍しいケースになりました。出演曲・演者は下記にご紹介しましたが、入場無料です。新舞踊に興味のある方、お時間にゆとりのある方はどうぞお運びください。お待ちしています。

 <真乃流出演曲と踊り手、曲順>
8. 「道中伊勢参り」 真乃繪吏家元・真乃吏邦・真乃吏勢旬・真乃吏勢櫻・真乃吏容
15.「金沢の雨」    真乃吏恵・真乃吏空
26.「男の火祭り」   真乃吏聡・真乃吏茜
37.「男の母港」    真乃繪吏家元

 <見事に咲きそろった大学通りの桜並木>

« Prev|Top

HOME

manoryu

Author:manoryu
真乃流HPへ

未分類 (137)

この人とブロともになる

QRコード