真乃流特報

最新の情報をご覧ください

まもなく秋本番の舞台へ

  創舞協「百華競演舞踊の会」総ざらえ
       9月3日(土)浅草公会堂

 台風一過。とはいえ東北・北海道に大きな爪痕を残しました。まず被害を受けられた皆さまに心よりお見舞い、お悔やみを申し上げます。
 秋の舞踊シーズンの先駆けとなる恒例、第26回「百華競演 舞踊の会」(創作新舞踊協会主催)に参加する真乃流出演者たちが8月31日(水)午後、公演会場の浅草公会堂正面にある真乃流浅草稽古場で総ざらえを行いました。曲目・出演者は前回にご紹介させていただきましたが、真乃流から小金沢昇司・歌「花は黙って咲いている」(出演:真乃吏勢旬、宮岡政子)、舞踊歌謡の女王・相原ひろ子の唄に乗せて踊る「春さのさ」(出演:真乃吏恵、真乃吏邦、真乃吏勢櫻、真乃吏杞、真乃吏容、田中菜穂子、近藤洋子)、真乃繪吏家元が構成した<海の男シリーズ>として3曲を男姿で続けて踊る北島三郎の名曲「男の母港」「北の漁場」(家元独舞)~「男の海峡」(出演者:家元、真乃吏聡、真乃吏茜)、さらに家元はこんどはガラリと趣を変え粋でお洒落な芸者姿で神野美伽・歌「春夏秋冬屋形船」を披露します。
 本番直前の総ざらえとあって、出演者はそれぞれ真剣な面持ちで取り組んでいました。「花は黙って咲いている」「春さのさ」の稽古風景の一端を写真でご紹介します。真乃繪吏家元の踊りは見てのお楽しみとさせていただきましたが、浅草公会堂にお運びいただいて舞台でご覧いただければこれに過ぐる喜びはございません。

花は黙って咲いている
   「花は黙って咲いている」稽古風景。右端が真乃繪吏家元

春さのさ
 7人の群舞に構成した「春さのさ」。本番では相原ひろ子さんに歌っていただいて踊ります。手前は家元

Top

HOME

manoryu

Author:manoryu
真乃流HPへ

未分類 (108)

この人とブロともになる

QRコード