真乃流特報

最新の情報をご覧ください

まもなく東京新聞「名流祭」

  10月23日(日)に東京新聞主催の第24回「名流祭」
       浅草公会堂で各流家元が競演

 浅草秋の風物詩として親しまれている東京新聞主催の第24回「名流祭が22日(土)の大正琴大会、23日(日)は新舞踊の祭典として開かれます。新舞踊は40を超える流派・会派の家元たちがそれぞれ流儀の特色を色濃く出した踊りで競演する全国でも屈指の大舞踊会で、午前10時開演から午後6時30分(予定)にかけて56曲の新舞踊が披強調文露されます。(前売り入場券2,500円、当日券3,000円)
 真乃繪吏家元はこれまで20年にわたって毎年欠かさず出演してきました。今回は9番目の出演順(午前11時15分~11時45分くらいの出演)になり「ふられ酒」を披露します。ことし1月にテイチクからリリースされた石川さゆり&杉本眞人によるデュエット曲(喜多條忠作詞、杉本眞人作曲)です。恋に傷つき、つまづいた男女が酒場で出会って「似たもん同士のふられ酒」を酌み交わすという趣意の軽快な歌ですが、舞踊化するには大変な難曲です。これまでに3,000曲近くを振りつけてきている真乃繪吏家元もこの曲の振付にはずいぶん苦心しました。男女のデュット曲ですから、結局、男女2人を登場させ、男と女を踊り分ける工夫を凝らしました。家元は若いころに喜多條さんと家族ぐるみのお付き合いをしていたこともあって、意欲的に取り組んでいます。
 曲の中に国の天然記念物に指定されているイリオモテヤマネコに似た猫が二人の話題にのぼるとあって、これをどう表現するか、男女の踊り分けとともに、大きな見どころになるだろうと思います。すでに舞台リハーサルも終えていますが、家元は連日踊りこみながら練り上げてきました。どうぞそのあたりをご覧いただければ幸いです。浅草公会堂でお目にかかれますよう心から願っています。

Top

HOME

manoryu

Author:manoryu
真乃流HPへ

未分類 (108)

この人とブロともになる

QRコード