真乃流特報

最新の情報をご覧ください

秋の第一弾

    間近に迫った創作新舞踊協会「百華競演 舞踊の会」
        9月30日:浅草公会堂

 創作新舞踊協会(旧東芝EMI舞踊協会、千野喜資会長)恒例の第28回「百華競演 舞踊の会」が今月末の30日(日)午前11時から浅草公会堂で開かれます。幕開きまであと僅か、真乃流にとって秋の舞踊シーズン第一弾になります。先日は浅草公会堂正面の真乃流浅草教室で総ざらえが行われ、北陸支部から真乃吏菖も上京参加、それぞれ熱のこもった稽古が繰り広げられました。
 すでにお知らせしたとおり真乃流は開幕を飾るご祝儀舞踊として「黒田節」を真乃繪吏名・吏聡・吏茜・吏倫・吏菖の門下5人が出演して踊ります。次には第1部の4番目に「一剣」を真乃吏勢旬・吏容が、第2部4番目に「友禅流し」を真乃吏勢櫻、8番目に「笛の舞」を真乃吏翠がそれぞれ披露。
 ご注目いただきたいのは第4部冒頭に置かれた真乃繪吏構成・振付による4曲舞踊メドレー「しずくの戯れ」で、福井県の九頭竜川に流れ込んだ一滴のしずくが遊び戯れながら大海に向かう姿をイメージしたものです。「大河もたどれば滴(しずく)から…」と五木ひろしが郷里・福井の九頭竜川に思いを寄せた歌った「九頭竜川」(出演:真乃吏聡・吏茜・吏恵・吏空の4名)に始まり、石川さゆりが「涙おふきよ弱虫さんよ…」と歌う「一茶でがんばれ」(出演:真乃繪吏名・吏邦・吏勢旬・吏勢櫻・吏容の5名)、続く「春夏秋冬ふられ節」(出演:真乃吏聡・吏茜・吏恵・吏空の4名)は多岐川舞子・神野美伽・八代亜紀・林あさ美が歌い継ぐお洒落な曲。そしてフィナーレとして真乃繪吏家元のソロによる川上大輔が「暗い夜の海 人魚のように…」と歌い語るユニークな「人魚のように」と続きます。乞うご期待!です。
 さらに第5部10番に真乃吏邦が「お梶恋しや」、最終章の第6部・家元舞踊披露で8番目に坂本冬美が「笑顔千両おんなは器量」と軽快に歌った「どどいつ」真乃繪吏家元が披露します。同舞踊協会常任顧問(前副理事長)を勤める真乃家元ならではの、緩急自在、洒落た味わいを楽しんで頂ける事と思います。このほか第3部ではゲスト歌手が舞踊歌謡の第一人者・相原ひろ子さんが華を添えてくれます。ご来場いただければ幸いに存じます。(入場券3,000円)


 「百華競演 舞踊の会」稽古に励む一門の姿の一部を写真でご紹介させていただきます。

s-9.15CIMG0927「黒田節」吏恵・吏聡・繪吏名・吏茜・吏菖
      ご祝儀舞踊「黒田節」稽古より

s-☆7.14CIMG0889「九頭竜川」吏空・吏聡・吏茜・吏恵
      「九頭竜川」お稽古

s-8.25☆「一茶でがんばれ」右端が真乃繪吏家元CIMG0895
     「一茶でがんばれ」稽古から右端が指導中の真乃繪吏家元

s-9.15☆「一茶でがんばれ」CIMG0914
      舞踊劇スタイルの「一茶でがんばれ」

Top

HOME

manoryu

Author:manoryu
真乃流HPへ

未分類 (116)

この人とブロともになる

QRコード