真乃流特報

最新の情報をご覧ください

三田佳子さんの名演技

  三田佳子さんの名演に感動の涙!
    三越劇場で朗読劇「九十歳。何がめでたい」観劇 
  北陸支部の舞い納め

 久しぶりのブログになりました。いよいよ本格的な厳冬に入りそうですね。
12月の6・7日、石川県金沢市の北陸支部でお稽古の舞い納め。この日は東京同様に暖かい天候でしたが、金沢も急速に厳冬に入ったそうです。舞い納めの後、真乃繪吏家元は支部のお弟子さんたちと楽しい会食、東京ではとても味わえない本場の甲箱カニをおいしくいただいてきたとのことです。

 日時がさかのぼりますが、家元は12月1日(土)に日本橋の三越劇場で三田佳子さんの朗読劇「九十歳。何がめでたい」を拝見してきました。120万部突破という大人気エッセー、佐藤愛子さんの原作から、やはり九十歳を超えて益々お元気な石井ふく子先生の演出による朗読劇で、三田さんを中心に井上順、石野真子、高田翔(ジャニーズJ r.)さんらが出演されていました。

 この日は浅草公会堂で古いお付き合いの大河寛十郎宗家が出演されている舞踊の会に短時間でしたがお邪魔して、その後が浅草教室のお稽古、終えると直ちに日本橋劇場の香月流の舞踊公演のお祝いに駆けつけ、ようやく三越劇場の開演時間に間に合うというハードなスケジュールでした。
 
 三田さんの公演は「朗読劇」となっていますが、手元の台本を読む普通の朗読劇とは一味も二味も違った、全く新しいスタイルの演劇でした。構成、演出の素晴らしさ、尺八の貴公子・藤原道山さんの音色がうまくマッチしていて、井上さんら共演者も良かったのですが、何よりも三田さんの演技が素晴らしく、家元は何度も涙をぬぐうほど感動していました。東京公演はわずか2日間で、そのあと地方ツアーが組まれていたようですが、もし再演されるようだったら、またぜひ見たいと家元が話していました。
 
 終演後、この日が千秋楽とあって楽屋は三田さんを訪ねるお客様、ファンで大混雑していましたが、三田佳子さんには昨年夏の「真乃流40年記念公演」にさいしてロビーにお祝いの胡蝶蘭で花を添えて頂いたこともあり、家元も三田さんの楽屋でお目にかかり、公演大成功のお祝いの言葉、感動をお話したいと楽屋訪問したのです。
s-NEC_0054Lサイズ
 「最近いろいろとご心労続きだったにもかからわず、女優さんとして素晴らしい舞台をつくられ、あらためて心から尊敬の念が沸いてきました。それにしても、久しぶりにお目にかかった三田さんの若々しさに驚いた。私も三田さんを見習って、いつも若々しい踊りをお見せできるように頑張らなければ…という気持ちになりました」と真乃繪吏家元にも大きな刺激になった様子で、舞台姿のままの三田さんとのツーショットを記念に撮らせていただきました。


Top

HOME

manoryu

Author:manoryu
真乃流HPへ

未分類 (124)

この人とブロともになる

QRコード