真乃流特報

最新の情報をご覧ください

3月11日

  あれから9年 2011年3月11日午後2時46分
       東日本大震災と新型コロナウイルス

 バスで通りかかった二つの大学正門に半旗(弔旗)が掲げられているのを見て胸が熱くなりました。あれからもう9年の歳月が過ぎ去りましたが、死者1万5千余人、いまも行方不明の方が2千5百余人もいらっしゃいます。マグニチュード9.0、震度7の東北地方太平洋沖地震に加えて津波に襲われて福島第一原発事故が発生、東京でも震度5強の揺れに見舞われたのでした。親しい知人は品川区の区立劇場(地階)で観劇中でしたが、お芝居は一時中断、30分後に再開して、余震でも中断したそうですが、結局、最後まで上演されたとか。ただ、その後が大変。多数の都民同様、帰宅の交通手段がなく、観客全員が帰宅難民になったのでした。
 
 この11日、半旗を掲げていたのは大学だけ。駅前の銀行などにも半旗は見当たりません。昨年まではもっとあちこちに掲げられていたような記憶がありましたが…。いま新型コロナウイルスで世界中が大混乱していて、日本人も過去の災害より身近に迫るコロナウイルスの方に関心が惹きつけられているのでしょうか。

 コロナウイルス騒ぎは芸能文化界にも激震をもたらし、10日の安倍首相の再度の要請で「さらに10日間のイベント自粛」。再び、数多くの劇場などが休演延期に踏み切り、今月28日に予定されていた十三代目市川團十郎襲名披露パーティーも中止。舞踊界でも観客を出演者家族・友人に限定してどうにか公演を開いたところがありました。

 真乃流でも真乃繪吏家元は「こういうご時世にお稽古を続けて良いのかどうか」と大いに悩みながらも「舞踊を生涯の道と定めた自分にとって、お稽古を休まず、舞踊家人生を全うすべきだろう」と考え、稽古場や洗面所にアルコール消毒液や洗剤を用意して稽古に臨みました。18日には金沢市の北陸支部のお稽古に金沢へも出向くことを決めています。

 昨夜に続いて11日夜も美しい満月が見られました。平和な、心静かに満月を観賞できる日が1日も早く来るように願っていますが、皆様もどうか、手洗い、マスク(中国ではもう有り余っているというのに、どうして日本ではこんなにも品切れなのでしょうか?)でこの難局を健康第一に乗り切っていただきますように願っています。

Top

HOME

manoryu

Author:manoryu
真乃流HPへ

未分類 (138)

この人とブロともになる

QRコード