真乃流特報

最新の情報をご覧ください

相原ひろ子さんが松尾芸能賞受賞

「舞踊歌謡」で第35回松尾芸能賞優秀賞に 
 真乃繪吏家元が祝賀パーティー(帝国ホテル)で「さのさ舟」披露
  
松尾芸能賞受<span style=

 新舞踊の会ではおなじみの歌手・相原ひろ子さんが伝統と権威のある公益財団法人松尾芸能振興財団(松尾昌出子理事長)が制定する「松尾芸能賞」の優秀賞を受賞されました。真乃繪吏家元とはもう三十年以上にわたる長いお付き合いのある方で、昨年11月の真乃流35周年・真乃繪吏師籍50年記念「真乃会」にもゲスト出演していただきました。その際、新舞踊に詳しい松尾芸能賞選考委員を勤められている先生が客席にいらして、相原さんの精魂尽くして歌う姿、お客様の人気、これまでの活動などを評価されて推薦されたそうです。今回のご受賞は「民謡系のみならず端唄、長唄等を取り込んだ和風舞踊歌謡の第一人者で、新舞踊の発展や、芸能文化の普及に大きく貢献した功績」が評価されてのことでした。「舞踊歌謡」というジャンルのパイオニアとして評価されたことに相原さんも大変喜ばれていました。誠におめでとうございました。
 今回の受賞者は大賞に劇団新派の大女優・波乃久里子さんが選ばれ、優秀賞は相原さんのほか、歌舞伎の4代目尾上松緑丈、松竹新喜劇座長の渋谷天外さん、笛の第一人者・中川善雄さんらそうそうたる顔触れが並び、新人賞が新進歌手の福田こうへいさん、特別賞に歌手のペギー葉山さん、女流義太夫の竹本朝輝さん、功労賞は九十三歳、歌舞伎界最長老の中村小山三丈がそれぞれ受賞されました。
 松尾芸能賞の贈呈式・祝賀パーティーが3月28日夜、帝国ホテルで開催されました。同祝賀パーティーで相原さんが歌「さのさ舟」を披露されましたが、相原さんの要請で真乃繪吏家元がその歌で御祝いに踊りました写真)。出席者は青柳正規文化庁長官、大谷・松竹会長、三田・明治座社長らをはじめ国立劇場や大阪・新歌舞伎座など劇場関係者、舞踊家、プロデューサーなど400人を超す盛大なパーティーでした。相原さんは「舞踊歌謡というジャンルに光を当てて頂いたことが何よりうれしく、大きな励みになります」と贈呈式で喜びを語っていました。
 相原さん、本当におめでとうございます! これからも益々のご活躍をお祈りいたします。

Top

HOME

manoryu

Author:manoryu
真乃流HPへ

未分類 (110)

この人とブロともになる

QRコード