真乃流特報

最新の情報をご覧ください

国分寺市民舞連盟春季大会

春の踊りでスタート

 真乃繪吏家元が理事を勤める国分寺市民舞連盟の第35回春季大会が4月13日(日)、同市本多公民館ホールで開かれ、真乃流は6曲を披露しました。今回、家元は出演せずお弟子さんたちの着付けや化粧など裏方にまわりましたが、家元の踊りを楽しみにしていた多くの方たちから「踊ってほしかった」という声が聞かれました。プログラムは40曲、最後の2曲は「国分寺音頭」「国分寺小唄」を有志たちで踊り、真乃流出演者たちは日頃お稽古した曲を楽しげに踊り盛会に幕を下ろすことが出来ました。
 真乃流からは「京の四季」(真乃吏勢旬・吏勢櫻)、「花桜」(勝島恵子・長峯雅子・渡辺睦子)、「おもいで時雨」(森田芳子・青木由美子・舟久保恵美子)、「雪椿」(真乃吏邦・市川満美・増井容子)、「港子守唄」(吏優・吏聡・吏茜)、「黒田節」(真乃吏優・吏聡・吏晴・吏茜・吏倫・吏邦)を披露しました。

Top

HOME

manoryu

Author:manoryu
真乃流HPへ

未分類 (116)

この人とブロともになる

QRコード