真乃流特報

最新の情報をご覧ください

台風一過で名流祭

文字色   台風一過、晴天の名流祭 
       真乃繪吏家元の踊りに拍手と喝采

 10月13日(日)浅草公会堂で秋恒例の東京新聞主催「第27回 名流祭」が行われました。一時は開催が危ぶまれましたが、開演時間を1時間30分遅らせて正午開演として無事に幕が開きました。

 交通アクセスを心配して真乃繪吏家元以下出演する6人のお弟子さんたちもほとんどが前々日から浅草のホテルに連泊するという騒ぎになりました。当日は全員が朝9時に楽屋入り、無事に踊りを披露することが出来ました。全47番のうち1流派の参加が出来なかったことや、会場入りが遅れる流派もあって出演順に少し変化が起きました。それでも九州・宮崎県の芽桜流がようやく終演間際に駆け込み、出演を果たすことが出来るなどスタッフは命が縮む思いがしたようです。残念ながらやはりお客様の入りは例年より大幅に少なかった。とはいえ無事に幕の開いたことは何よりでした。

 台風騒ぎがあったものの、さすがに東京有数の繁華街、浅草の賑わいはふだんとほとんど変わりません。正午前には雷門前や仲見世、浅草六区は外国人観光客を中心に大変な人出になっていました。浅草って外国人の人気ナンバーワンだそうです。日本情緒の残る風情が喜ばれているのです。

 さて真乃流です。開幕からほぼ1時間後、9番目に「じょんから女節」を真乃繪吏家元、真乃吏聡・吏茜・吏邦・吏空・吏勢旬・吏容の7人の出演です。幕が開くと紗幕の向こう側に6人の門下が、花の蕾のように円形にまとまった姿からクルクル舞いながら一列に位置する中、真乃家元がセリから登場、紗幕が上がると同時にそれぞれ扇をバチに模した三味線合奏の踊りでスタート。家元のソロ、2人がらみ、3人がらみ、そして最後は全員が渾身の力を振り絞って三味線合奏の踊りの中で静かに緞帳がおりました。
 真乃繪吏家元のソロは台風の影響で多少の変動はありましたが、予定より1番早い23番目、午後2時30分過ぎに「もういいの~残花・水に流して」を舞い始めました。哀しい別れと執着、悩み、もだえ苦しみの中から、晴明な心で新しい人生を再出発させる女心を表現して、客席から大きな拍手、喝采を浴びていました。

 その夜、真乃流恒例の出演者打ち上げがお手伝いのお弟子さん、ゲストも加わって浅草雷門向かいのゲートホテル13階のレストランで開かれ、無事に開催された喜び、台風の苦難、踊りの反省などを語り合ったのでした。当日の模様の一端を写真でご覧ください。

 いまも台風19号の被災地で辛酸をなめていらっしゃる皆様に心からのエールを送らせていただきます。言葉には言い尽くせませんが、一日も早い復興を衷心からお祈り申し上げます。

<浅草雷門は台風一過、観光客で大にぎわい>
s-★DSCN4861

<仲見世も観光客でいっぱい>s-★DSCN4862


<六区も人の波が>
s-★DSCN4851


<じょんから女節>A「紗幕の向こうに門下が」
s-★IMG_4286

<じょんから女節>Bs-★IMG_4289

<じょんから女節>C
s-★IMG_4293

<じょんから女節>D「真乃繪吏家元」s-★IMG_4307

<じょんから女節>E「三味線合奏で静かに幕」s-★IMG_4296




<もういいの>As-IMG_4322.jpg

<もういいの>B
s-IMG_4324.jpg

<もういいの>Cs-IMG_4330.jpg

<もういいの>Ds-IMG_4335.jpg

<もういいの>Es-IMG_4336a.jpg

<もういいの>F
s-IMG_4340c.jpg



<お疲れ様! 打ち上げのホテルで右奥に立つのは真乃繪吏家元>窓の外にスカイツリーがs-★IMG_4350

<ホテルからの夜景、中央上にライトアップした浅草寺>
s-★IMG_4346

台風19号で混乱

台風を乗り越えて
 真乃流は「名流祭」(13日)に出演します

 12日の土曜日は台風19号の進路情報、被害ニュースが次々に報じられています。皆様のご家庭に被害が及ばないことを心から願っています。

 13日(日)には浅草公会堂で恒例の東京新聞主催「名流祭」が予定され、台風襲来でどうなるのかと心配しましたが、開演時間を1時間繰り下げて、正午開演で行われることになりました。「名流祭」は各流派の家元、会主たちを中心に、それぞれ日ごろの成果を披露する、全国的にも大規模な新舞踊の祭典です。真乃流は家元真乃繪吏がこれまで20年以上連続出演していますが、今年は家元と門下6人による長山洋子の歌『じょんから女節』、そして家元のソロで『「もういいの~「残花」~「水に流して」』の2曲で出演します。

 『水に流して』は昨年秋、大竹しのぶさん主演の「ピアフ」を見て感激した家元が、この曲をどうしても舞踊化したいと考え、それにふさわしい曲はないかと探した末に山本譲二さんの「残花」と合わせて構成することで、女性の哀しい別れ、悩みと哀惜を経て、新しい人生を踏み出そうと決意する気持ちを表現したいと振付した作品です。台風の影響が交通機関などに残っているでしょうが、ぜひご覧いただければ幸いです。

 ところがご承知の台風19号の直撃です。真乃繪吏家元や門下の出演者は、出番が早いため化粧や着付けに慌ただしさが予想されると考えて、前日から浅草に泊まって対応する予定でした。とはいえ、もし13日の公演当日に交通アクセス障害で出演が間に合わなくなることも予想され、さらに前日の宿泊さえも電車やバスの運休で浅草にたどり着けないことも考慮、急遽、前々日から浅草に泊まって劇場入りすることにしました。台風のために石川県金沢教室のお弟子さんたちが名流祭を見に来られなくなってしまいました。宿の手配などあれやこれや、中でも、見に来て下さる招待者やお客様に、開演時間の繰り下げで出演時間が繰り下がったことをお知らせしたり、まさに修羅場の慌ただしさでした。

 名流祭当日は、やはり、こんな時ですから、お客様の来場が少ないだろうと、誠に残念な予想をせざるを得ないのですが、無理を重ねてご来場いただいたお客様に「来て良かった」「楽しめた」と思っていただけるよう渾身の思いで踊りを披露しましょうと、全員が気持ちを1つにして取り組む覚悟が見られました。

 真乃流の出番は9番目に「じょんから女節」(家元真乃繪吏・真乃吏聡。真乃吏茜・真乃吏邦・真乃吏空・真乃吏勢旬・真乃吏容)。正午開演ですので出番は恐らく午後1時~1時30分ごろでしょうか。家元ソロの「もういいの」は24番目の出演で、出番時間は午後3時~3時30分くらいになると予想しています。皆様も大変な時期でしょうが、ご来場いただければ大きな喜びです。

 真乃流はさらに難問が待ち構えています。13日(日)の名流祭の翌日、14日(月・祝日)に地元の国分寺民舞連盟の秋季大会が西国分寺駅前の「いずみホール」(入場無料)で開かれます。真乃流からは今回は少ない参加ですが「黒田節」(真乃吏翠)と「友禅模様」(真乃吏邦・真乃吏容)で参加します。吏邦・吏容は地元とはいえ名流祭に続く出演で大変ですが、家元や古参門弟が着付けや化粧のお手伝いをしますので、これも大騒ぎなんです。台風、名流祭、国分寺民舞連盟と、真乃流全体が大変な試練を受けるわけですが、真乃流の年間予定のうち、これが今年最後の舞台となり、それだけにそれぞれが心残りのないよう気持ちを引き締めています。

 名流祭、国分寺民舞連盟秋季大会の模様は後日ご報告します。どうぞ台風に十分な対策を!

近づいた名流祭

   10月13日(日)名流祭:浅草公会堂 
      真乃流が2曲で参加します

台風15号が東京か静岡県に上陸する気配です。瞬間最大風速が60メートル、大雨の被害も心配されています。すでに各地で避難勧告も出ています。皆様も十分な備えで被害に遭わないよう準備してくださいね。
 さて、秋の浅草風物詩になっている東京新聞主催の新舞踊の祭典「名流祭」がいよいよ近づいてまいりました。10月13日(日)に浅草公会堂で開幕しますが、真乃流では今回、2曲で参加します。
 真乃繪吏家元と門下6名による長山洋子の歌「じょんから女節」、家元独舞による「もういいの」です。「じょんから女節」は真乃流のレパートリーにありますが、今回ニューバージョンとして家元が振付しました。「もういいの」は山本譲二のヒット曲「残花」と大竹しのぶが歌う「水に流して」の2曲から構成したものです。大竹しのぶの「水に流して」は彼女が演劇賞を総なめにした舞台「ピアフ」で歌われたエディット・ピアフのシャンソンです。
 猛烈な残暑の中で稽古が進んでいます。すでに衣裳や照明、かつらなどの打ち合わせが終わり、来月2日(水)には会場の浅草公会堂舞台でリハーサルが行われるという日程なので、真乃繪吏家元以下は稽古に懸命に取り組んでいます。浅草公会堂正面にある真乃流浅草教室で先月下旬に行われた総合稽古の一端を写真でご紹介しました。


s-◎IMG_4219
     「じょんから女節」稽古風景。左から3人目が真乃繪吏家元


s-◎IMG_4239
s-◎IMG_4251
       「もういいの」を踊る真乃繪吏家元=真乃流浅草教室で

創作新舞踊協会「百華競演 舞踊の会」が閉幕

令和初の「百華競演 舞踊の会」が賑やかに
  真乃繪吏家元がオオトリで『まだかいな~大和楽「梅」「舟」』を披露


 令和新時代に入りました。そして令和初となる創作新舞踊協会主催「第29回 百華競演 舞踊の会」が元年5月26日(日)に浅草公会堂で開かれました。真乃流からは既報のとおり真乃繪吏家元以下、北陸支部(金沢)のお弟子さんも含めて9曲で参加、それぞれに日ごろの精進ぶりを披露しました。昨年まで同公演は9月に開かれていましたが、令和時代を迎えて春の5月開催に変更され、お弟子さんたちも稽古期間が短くなったのでいろいろと大変だったようです。
 
 真乃繪吏家元は序開きの祝儀舞に続く第1部1番というしょっぱなに「道中伊勢参り」を真乃・吏邦・吏勢旬・吏勢櫻・吏容とともに踊り、オオトリで披露した「まだかいな」と、最初と最後にも出演という厳しいスケジュールでしたが、お陰様で皆さんの好評で迎えられました。

 家元の「まだかいな」は新舞踊公演では珍しい大和楽から”ひともじ舞踊”として知られる「梅」「舟」をそれぞれ女、早替わりの男で踊りました。「梅は咲いたが桜はまだかいな…」と桜の開花を待つ気持ちを、恋しい男を待つ心浮かれる女の心情に移し替え、そして待ちかねた粋な姿の男が現れるという構成ですが、それを早替わりで2役を踊りつづるという趣向でした。
 大和楽というのは昭和8年に創設された「昭和の邦楽」で、「平成」を送り、令和を迎えた新時代の思いを寄せて昭和生まれの真乃流が「昭和」に思いを寄せる意味を付加して選曲したものです。
 
 大和楽は大倉財閥の二代目総帥で、英国のケンブリッジ大学にも学び、ホテルオークラや伊豆の川奈ホテルを創設した男爵・大蔵喜七郎が一中節や清元など従来の邦楽に西洋音楽の発声や輪唱を採り入れた「新しい日本音楽」として創設、発展に尽くしました。作詞には西条八十や長谷川時雨、北原白秋といった当時の文壇・歌壇の大御所たちも協力、大倉男爵自身も大和聴松の名前で作曲・演奏に活躍しています。たちまち舞踊会の人気曲になり、古典舞踊の公演に数多く選ばれています。

 真乃流一門の踊り姿の一端を写真でご紹介させていただきました。オフィシャルのプロ写真家の写真の仕上がりがかなり遅れますので、とりあえずは雰囲気だけをご覧ください。  



         会場の浅草公会堂正面と客席風景(下段)

s-IMG_3867.jpg


          『まだかいな~大和楽「梅」「舟」』真乃繪吏家元
s-9A「まだかいな」娘
s-9B「まだかいな」立役
 家元がオオトリに披露した『まだかいな』。(上段)桜ならぬ恋しい男を待つ女、(下段)待ちかねた男がやってきた


      「道中伊勢参り」
s-1A「道中伊勢参り」左端から家元・真乃吏容・真乃吏勢旬・真乃吏邦・真乃吏勢櫻
  「道中伊勢参り」の左から家元・真乃吏容・真乃吏勢旬・真乃吏勢櫻・真乃吏邦

s-1B「道中伊勢参り」左から真乃吏勢旬・家元・真乃吏容
  「道中伊勢参り」左から真乃吏勢旬・家元・真乃吏邦

  

 <「江戸の四季」真乃吏翠>
s-2「江戸の四季」真乃吏翠

  <「祇園のおんな」西野栄子(北陸支部)>
s-3「祇園のおんな」西野栄子(北陸支部)

   <「白雲の城」真乃吏菖(北陸支部)>
s-4「白雲の城」真乃吏菖(北陸支部)

  <「金沢の雨」真乃吏空(左)・真乃吏恵>
s-5「金沢の雨」真乃吏空(左)・真乃吏恵

   <「男の火祭り」真乃吏聡(左)・真乃吏茜>s-6「男の火祭り」真乃吏聡(左)・真乃吏茜

   <「友禅模様~びんのほつれ」真乃吏邦(左)・真乃吏容>
s-7「友禅模様」真乃吏邦(左)・真乃吏容

  <「歌麿」真乃吏聡(左)・真乃吏晴>
s-8「歌麿」真乃吏聡(左)・真乃吏茜


 <終演後、真乃繪吏家元を囲む出演者たち>
s-終演後、出演者たちが真乃繪吏家元を囲んで

盛会だった国分寺民舞連盟春季大会

   国分寺民舞連盟春季大会写真リポート


 先にご報告しました真乃流の地元で開かれた国分寺民舞連盟春季大会(4月28日・国分寺市本多公民館ホール)の写真が出来上がりました。会場は撮影位置が難しかったのですが、素踊りの会らしい雰囲気はお伝えできるかと思います。とりあえずの写真リポートを。

<国分寺市民舞連盟春季大会より>
s-「道中伊勢参り」
 真乃繪吏家元(中央)を中心に真乃吏邦・真乃吏勢旬・真乃吏勢櫻・真乃吏容らによる「道中伊勢参り」

s-道中伊勢参り・家元
 「道中伊勢参り」を粋に軽やかに踊る真乃繪吏家元


s-改_1317
 「金沢の雨」を披露する真乃吏恵(左)・真乃吏空(右)

s-改_1364
 真乃吏聡(左)、真乃吏茜(右)による「男の火祭り」
s-改_1395
 真乃繪吏家元がトリで舞い踊った「男の母港」

s-改_1422
  「お疲れさま!」 無事・好評裏に大会を終えてお手伝いの門下も加わってにこやかに記念撮影

« Prev|Top|Next »

HOME

manoryu

Author:manoryu
真乃流HPへ

未分類 (137)

この人とブロともになる

QRコード